英語通訳・翻訳・ガイド・講師 Junのブログ

東北を拠点に英語通訳・翻訳・通訳ガイド・英語講師のJunが、英語・教育・手芸などについて発信します。

旅程管理主任の研修を受講。これから活躍したい通訳案内士には必須の資格!

今週、火・水と仙台に行って、旅程管理主任の資格取得研修を受けました。回りは今後添乗員として活躍したい方々がほとんどで、通訳案内士はどうやら私1人だけだったようです。全員と話したわけではないのですが、少なくともその場の半数を占めていた、同じ派遣会社から来てる人たちの中には、通訳案内士はいないかな?という感じでした。

 

旅程管理の資格があれば、国内の企画型旅行と言われる旅行で、通訳案内士1名だけでガイドの仕事をすることができます。旅行会社が企画した旅行には、旅程管理主任がつくことが義務付けられているので、通常は通訳案内士と旅行会社の添乗員の方の2名体制になります。しかし、ガイドがこの資格を持っていれば1人でどちらの仕事もこなせるので、アサインする旅行会社としてはコスト削減にもつながり、この資格がある通訳案内士を優先的に採用することが多いようです。ただ、忙しくなることが予想されるので、本当は2名体制の方が余裕をもって仕事ができるのかもしれませんが…。

 

この資格を受講を思い立ったもう一つの理由は、最近ガイドが少し面白くなってきて、日本人の旅行客のガイドもやっても面白いのでは?と思ったことです。あと、添乗で色々なところに行ければ、ガイドを頼まれた時の下見にもなるし、一石二鳥だと思います。ガイドその他の仕事ですでに日本全国色々な場所に行っているので、その知識を生かしたかったということもあります。普通は添乗員さんから外国語ガイドになることが多いようなのですが、逆パターンになりそうです。

 

ガイドの登録に行った派遣会社さんで、たまたま比較的近い日に旅程管理主任研修があるということを聞いたので、こちらの派遣会社さんの紹介の研修で取得することにしました。他にも外国語ガイドの登録も受けつけている派遣会社で、旅程管理主任の研修をやっているところはあるのではないかと思います。また、GICCS、IJICEEなどのガイド団体でも、旅程管理主任研修を年に1,2回行っていると思います。料金はガイド団体で受けるよりも、派遣会社経由の方がトータルでは少し安いのでは?と思います。私はガイド資格を取ってから、7年目で取得と遅かったのですが、ガイド資格取得と同じ年に取れば、早く活躍できるし、仕事も多く受けられると思います。

 

内容はガイドの実務に本当に役立つことばかりだと、実際に外国語のガイドをした後に受講したからこそ、よくわかりました。JRや飛行機のチケットのことなども今までは知らなかったため、JRの団体券の見方がよくわからず、全国のガイドを始めた最初の頃には、乗る車両を間違えて失敗したこともありました。もっと早く受けていればよかったと思います。

 

また、日本人のお客様のガイドができるようになるのも、いいなと思います。せっかく知識や色々なところに行った経験があるので、それも生かせればもっといいかもしれないと思っていました。本格的にやるかどうかはまだわかりませんが、できれば海外の方の添乗資格も取れれば、と思っています。テクニカル・ビジットやインセンティブツアーなどは、通訳が入ることも多いので、やってみたいと思っています。工場見学の通訳が好きなので、これも今回旅程管理の資格を取ろうと思った理由の一つです。

 

まだ、添乗の実務の研修はやっていないので、その研修の後に取得ということになります。今からその研修が楽しみです。通訳案内士でまだこの資格を取っていない方には、ぜひ取得することをお勧めします。

 

*英語学習相談

*料金は7月からも3,000円ですが、45分を最低時間とさせていただきます。その後の15分間、合計1時間までは追加料金なしの3,000円で対応いたします。

詳細はこちら をご覧ください。

ツイッター @JunhosoEigo フォローご自由にどうぞ。(フォローしないと内容がわからない方のフォロー返しはしないことにしています)

みそ汁の作り方、英語バージョン

オンライン英会話の生徒さんのために、Youtubeにアップロードされている動画などを基にして作った勉強用教材のストックがあります。時々そういう勉強に役立つ動画と用語集などを掲載するので、英語の勉強に役立てていただければと思います。

 

今回はHowcastという、様々なことのハウツーや、物事の仕組みなどを解説しているサイトの動画になります。みそ汁の作り方の英語版があったので、中級~上級一歩手前くらいの英語力の方々用に勉強用教材を作りました。

 


How to Make Miso Soup

Youtubeのサイトで見ると、動画の下の方に、英語のトランスクリプトが掲載されています。利用法としては、

シャドーイングをしてみる。いきなり何も見ずにやる⇒用語とスクリプト確認⇒スクリプト音読⇒もう一度シャドーイングしてみる。

・これを基に自分でみそ汁の作り方を説明してみる。

・他の料理の作り方に応用する。

英語は比較的わかりやすいのではないかと思います。

<用語>

intensely 激しく、熱心に、(味など)強い
ingredient 材料
stovetop レンジの上面
bonito カツオ
*bonito flake 削り節
strainer ざる、こしき
scallion ネギ(わけぎ)
ladle おたま、おたまですくう
whisk 泡立て器(茶筅
pour ~ into A ~をAに流し込む
simmer 煮る、煮立てる
medium-low heat 弱い中火
*high heat 強火
intense 強い、激しい
steep 浸す、つける
discard 捨てる、捨て去る、廃棄する
chunk かたまり、ぶつ切り
broth スープ、だし *魚、野菜、肉などを煮出した液体
muddy くすんだ、にごる
distinct 独特な
stir かき混ぜる
dissolve とける
fridge=refrigerator 冷蔵庫
indefinitely いつまでも、永久に

 

その他、料理を説明するときに使える語彙です。

冷凍庫 freezer
やかん kettle
フライ返し turner

切り方
細かくきる chop
うすぎり slice
みじんぎり mince
せんぎり Julienne
賽の目切り cube
賽の目(細かく)dice
たんざく sliver
おろす grate
つぶす smash
皮をむく peel
まぶす coat
ふりかける sprinkle
ちょっと浸す dip
混ぜる mix
各藩する beat

 

このHowcast には、他にもユニークなハウツーもの動画があります。一番笑えたのが、「ヨガをしている時に突然出たおならをごまかす方法」みたいな内容のものでした。ガイドの時などにも役立つかもしれないので、よかったらご利用ください。

 

*英語学習相談

*料金は7月からも3,000円ですが、45分を最低時間とさせていただきます。その後の15分間、合計1時間までは追加料金なしの3,000円で対応いたします。

詳細はこちら をご覧ください。

ツイッター @JunhosoEigo フォローご自由にどうぞ。(フォローしないと内容がわからない方のフォロー返しはしないことにしています)

外国人に人気の観光地 in 岩手

岩手県内でガイドする場合には、ほとんどが平泉ですが、時々別の場所もこれまで依頼されたことがありました。正直言って、人気の観光地あるというほど多くの外国人は来てないのではないかと思いますが、それでも外国人が多く訪ねる場所はあります。平泉以外で人気の場所をご紹介します。

 

・酒蔵(県内各地)

岩手県でなくてもある程度人気があると思いますが、実は全国の杜氏の多くが南部杜氏だそうです。酒造りがうまい人材が多く、水の質が良いので必然的にいい酒蔵も多いです。酒蔵は見学できないところもあるので、あさ開き」等観光客への見学に積極的なところに案内した方がいいと思います。

 

小岩井農場雫石町

外国人だけではなく、日本人観光客にも人気ですが、最近は台湾・中国からの旅行者も増えているようです。農場内の見学ツアー(有料)があり、これは結構面白いし、外国人にも好評です。バイオマス発電所や天然冷蔵庫なども見られます。

 

・手作り村(雫石町

岩手県の主な工芸品をまとめてみることができ、面白い体験ができると思います。南部鉄瓶、ホームスパン、冷麺、地熱染め等の工房を見学することができます。ここでは2,3度通訳やガイドの仕事をしたことがあります。南部曲がり屋などもあり、古いスタイルの日本的な建築として興味を持ってもらえるようでした。

 

龍泉洞(岩泉町)

観光通訳を一度行ったことがあります。外国人にも結構喜ばれます。道が細い部分も多く、中ではあまりガイドや通訳ができないので、入り口付近で説明してから中に入った方がいいと思います。地底湖が神秘的だし、ちょっとしたスリルが味わえる場所もあります。

 

猊鼻渓(一関市)

平泉からの流れでよることも多いです。川下りができるところですが、流れは急ではなく、大きな魚が泳いでいるのが見えるほどきれいな水で、ゆったりと楽しい時を過ごせると思います。英語のパンフレットも用意されています。冬はこたつがついた屋形船があると思います。

 

盛岡城跡公園(盛岡市

散歩コースとして楽しめます。1,2度ガイドしたことがあります。石垣と公園がメインですが、姉妹都市交流の記念碑やビクトリア市から贈られた、トーテムポールなども多いです。簡単なお茶会を催していることがあるので、体験してもらってもいいと思います。桜の季節は今年は多くの外国人(多分台湾とタイが多い)が来ていました。となりにある、もりおか歴史博物館も見てらうといいかもしれません。ちなみに、歴史博物館の英語キャプションの一部は、私が翻訳しました。

 

・岩鋳(盛岡市

こちらも何度かガイドや通訳で来ており、外国人には人気のところです。南部鉄瓶の実際の製造工程が見学できるようになっていて、見学用の設備が整っています。展示パネルには英訳がついています。手作り体験ができるコーナーもあります。カラフルな色のついた鉄瓶や鍋敷きなどは、外国人にも人気です。

 

・わんこそば屋(盛岡、花巻など)

色々なわんこそば屋に外国人を案内したことがありますが、たいてい面白がってくれます。店によっては、ベジタリアンの対応もしてくれるので、食事に制限がある方がいるときなどは、いい所ではないかと思います。通常のわんこそばのように、食事中ずっとどんどん盛り付けをするケースと、短い時間の余興のようなミニわんこそば大会をやってくれるお店もあります。

 

上記以外にも見どころはあるのですが、ある程度の規模の施設で、外国人がよくくるとなると、このような場所になると思います。あと、遠野市は、「かっぱのク―の夏休み」の映画が上演された時に、フランス人観光客が増えたことがありました。遠野は全体的に外国人にとっても日本人にとっても、面白いところだと思います。また、県内のスキー場に来る外国人も増加中ですが、やはり直行便がある関係上、台湾からの観光客が多いようです。

 

おでんせ、岩手。

 

*英語学習相談

*料金は7月からも3,000円ですが、45分を最低時間とさせていただきます。その後の15分間、合計1時間までは追加料金なしの3,000円で対応いたします。

詳細はこちら をご覧ください。

ツイッター @JunhosoEigo フォローご自由にどうぞ。(フォローしないと内容がわからない方のフォロー返しはしないことにしています)

 

英語中級から上級になりたい方へのアドバイス

今、通訳翻訳として登録している地元の株式会社セルクにて、700点~800点くらいの方々を教えています。また、最近復帰しましたが、以前もオンライン英会話で4年くらい色々なレベルの生徒さんを教えました。このレベル前後の方が結構多かったと思います。もう一歩躍進して、英語の上級者(英検1級とかTOEIC900点以上)になりたい、語学を生かした仕事をしたいという方が多いのですが、そこまで到達できる人はそれほどいないのが現状です。このレベルから上に行くには、どうしたらいいのでしょうか

 

・毎日英語を勉強する

レベルを上げるためには、とにかく毎日勉強することが大事です。お仕事が忙しくて月金はそれほど勉強できないという方は、普段は通勤時間に単語集のCD聞くだけとか、シャドーイング15分とか、英字新聞とにかく1つ読むとかだけでもいいので何かできる限りのことをして、休みの日にまとめ勉強すればいいのではないかと思います。英語に触れない日がないようにしましょう。

 

・強みと弱みを知る

リスニングが得意で発音もいいけど、語彙力がないとか、言葉は出るけど聞く方が苦手、とか皆なにか強いところ弱い所があるし、中級の上くらいだと、それが顕著に表れているかもしれません。弱いところが分かったら、克服するような勉強をしてみましょう。人によってはきらいなことはやりたくない、と言う人もいるかもしれません。そういう方は、得意なところをさらに伸ばすようにしてみましょう。実力が上がってくると、アンバランスは目立たなくなってくると思います。

 

・おぼえ込むことを忘れない

「勉強はしているけど、実力がなかなか上がらない」と言う方は、だいたい「覚え込む」ということをしていないことが多いと思います。今までオンラインの生徒さんを教えてきた経験でも、真面目で伸びない人は、ただ真面目にレッスンに出ているだけで、自宅で単語やフレーズなどを覚えることをしていない人が多いです。真面目に出席してさらに家で覚えるべきことを覚えれば、かなり伸びるはずです。このくらいのレベルだと、語彙集を暗記するだけでもかなり伸びます。使いこなせるくらいまで「おぼえ込む」ようにしましょう。

 

金曜日にこのレベルのクラスを、2つ担当しました。皆さん熱心に勉強されていますが、やはりお仕事が忙しかったりすると、あまり準備できなかったりすることもあるようです。そういう場合には復習に力をいれましょう。でも、皆さんとの勉強で私も勇気づけられています。ぜひ、個々の目標を達成できるよう、頑張って欲しいと思います。岩手県でも、語学で食べていける方々を増やしていきたいと思っています。

 

*セルクの通訳準備講座は、9月から上級コースも募集します。上級はTOEIC860点前後、英検1級程度の方が対象です。英語力はあるけど、通訳翻訳などの仕事はあまりやったことがないという方、ぜひご参加ください。お問い合わせは、上記の社名のリンクの問い合わせ先までお願いいたします。(私は社員ではありませんが、講師もやっているし、それ以外の仕事でも大変お世話になったので、できる限り協力したいと思っています。)

翻訳の学習に役立つ本を1冊紹介

今英日翻訳の仕事をしています。東京にいる頃から時々受けていた、素材翻訳と呼ばれる、テレビ局の取材資料などの翻訳の仕事です。ビデオ素材のことも多いのですが、今回は文書でした。仕事は急に入って分量が多く、締め切りも厳しいことが多いのですが、内容的には割と面白いものが多いので、結構好きな仕事です。

 

翻訳は、一番最初にインタースクールに通った頃、まだ本格的な通訳翻訳コースの1つ下のクラスだった頃に1年間勉強しました。通訳翻訳集中基礎という週3回英語の基礎も通訳翻訳も勉強するという、とてもきついコースでした。この頃はあまり翻訳が好きではなかったので、あまり力を入れて勉強していませんでしたが、先生に紹介してもらった本で、とてもよかったと思うものが1冊あります。安西撤雄さんという方の、「翻訳英文法という本です。

 

たしか、作者の方は上智大学の先生だったのではないかな?と思いますが、「翻訳は基本後ろから戻って訳すのではなく、頭から」という部分に衝撃を受けました。同時通訳と同じように訳して行った方が、原文のリズムを崩さずに訳せる、というようなことが書いてあったと思います。その部分を読んで「えー!そんなことできるの?」と思った記憶があります。正直いって、一部だけ熱心に読んで、あとは斜め読みみたいな読み方をしてしまたのですが、それでも十分衝撃的というか、役に立つ本でした。

 

多分、ちくま書房の文庫で出ている、「英文翻訳術」という本も内容はほぼ同じではないかと思います。ハードカバーの方はもしかすると入手しにくいかもしれませんが、文庫の方は手に入れやすいのでは?と思います。翻訳に興味のある方は、読んでみてください。

 

翻訳はあと1回、一度目に通訳学校に通訳してから5年くらいたった時に、コングレインスティテュートの翻訳コースでも勉強しました。この時は進級試験も合格したのですが、どうしても通訳の勉強をしたかったので、進級せずに通訳の方に変えてしまいました。本科まで勉強しておけばよかったかも、とちょっと後悔しています。そういえば、最初にインターに通った頃は、私もまだ20代でした。時が立つのは早いです。それに、色々あって勉強は中断した期間が長かったこともありますが、まだ勉強してんのかーとつくづく自分ののんびり屋加減が嫌になります。が、そういっても仕方がないので、できることをやって、少しでももっといい仕事ができるようにしたいと思います。

 

*英語学習相談

*料金は7月からも3,000円ですが、45分を最低時間とさせていただきます。その後の15分間、合計1時間までは追加料金なしの3,000円で対応いたします。

詳細はこちら をご覧ください。

ツイッター @JunhosoEigo フォローご自由にどうぞ。(フォローしないと内容がわからない方のフォロー返しはしないことにしています)

 

 

日曜青森でガイド、その後はしばらく翻訳

日曜日、FITのお客様のガイドをする機会がありました。ガイドシステムに登録して、「どうせしばらく仕事来ない」と思っていたら、思いがけなく依頼していただき、自分でお客様の要望を聞きながら1からガイドの計画を立てました。お客様はご家族でとてもいい方々でした。何となくいい方々ではないかというのは、前の手紙のやり取りからもわかっていましたが、やっぱりそうでした。昭和大仏、りんご園、八甲田山の周りの見どころ、青森県立美術館を回りました。

 

残念だったのが、天候です。先週下見に行った時には暑くて大変でしたが、涼しいくらいの霧雨と言った天候でした。一応、雨天の場合も考えてはいたのですが、運転手さんの意見も聞きながら進め(これもそう思っていた)、なんとなく満足していただけたとは思うのですが、やっぱり晴天の場合の計画よりは、動き的に少なくなってしまったように思いました。城ヶ倉大橋で雨が止んでくれて、本当にうれしかったです。あと、昼食のチョイス等、細かい反省点がありますが、なんとかはじめての体験をこなしました。タクシーのドライバーさんも、とてもいい方でした。人には恵まれた感じがしました。

 

金曜日の夜に、テレビ局の資料・ビデオ資料(素材翻訳)の仕事をくれる翻訳会社から連絡があり、久しぶりに英日翻訳の仕事が入りました。最近日英訳が多かったのですが、やはり難しいところややりにくいところがあるのですが、英日はやはりスピードも上がるし、訳だしする方が日本語なので気楽です。日英はネイティブの翻訳者でもまともに訳せる人はこの辺ではそう多くなく、日本人訳でもネイティブ訳でも必ずレビューアーが必要だと思います。素材翻訳は、公に出ものではなく資料なので、文体などに凝る必要がなく、正確性とスピードが勝負と言った感じです。その代り(?)分量は多いのですが、タイプ打ちは早いのでなんとか、頑張りたいと思います。

 

仕事が継続してもらえるのはありがたいし、また、日本に観光などで日本に興味を持って来てくれるのは、本当にありがたいことです。大げさですが、こういうところから他国への興味や関心が生まれ、世界平和につながると思うようになりました。少しでも相互理解や平和に貢献できるようになりたいと思います。

 

*英語学習相談

*料金は7月からも3,000円ですが、45分を最低時間とさせていただきます。その後の15分間、合計1時間までは追加料金なしの3,000円で対応いたします。

詳細はこちら をご覧ください。

ツイッター @JunhosoEigo フォローご自由にどうぞ。(フォローしないと内容がわからない方のフォロー返しはしないことにしています)

平泉で日本語ガイドのお話を通訳して気づいたこと

1日、2日と、秋田と平泉で通訳の仕事をしました。秋田は、工場での技術系の通訳で、いわゆる普通の通訳でしたが、平泉の方は、いつもガイドが多いのですが、今回は日本語ガイドさんのお話を通訳することになりました。いつも、自分が案内したり話したり、自分のペースで行うことがほとんどだったのですが、今回は通訳だったので、いつもと違った感じでした。

 

また、日本語のガイドさんが平泉を案内するのは、研修で何度か聞いたことがあるのですが、今回はガイドの団体もいつも聞いている古都ガイドの会とは異なったガイド団体だったので、今まで聞いたことと違ったお話も聞くことができ、新鮮でした。

 

ガイドさんの説明を聞いて説明の仕方がうまいな、と思ったのが、お経を収めるところ、経蔵の前でのお経の種類の説明の仕方でした。いつも、建物については説明していましたが、中のお経については、たまに豊臣秀吉にほとんど持っていかれてしまったことを少し話すか、あとは讃衡蔵でレプリカを見ながらちょっと話すだけでした。今回のガイドさんは、「お経には3種類あります。1つは藍色の地色に金で書かれたもの、2つ目は藍色の地に金と銀で書かれたもの、あともう1つは、宋から輸入したものです。平泉の周辺では金が取れたので、宋から輸入する際には多くの金を使ったそうです。」という説明の仕方をされました。これはとても分かりやすくていい説明だと思いました。

 

また、以下のようなことを新たに知りました。

・お坊さんはほとんど世襲で30人程度がお寺に住んでいること。座主のみ外部の方が来ること。

・経蔵の後ろにある緑の木のようなものは、火事が起こったときに経蔵を守るため、ミストが噴出する装置で。同じような装置は、高野山などにもあること。

・このような耐火対策がされているのは、建設当時から残されている金色堂と経蔵だけであること。

芭蕉の像は180㎝くらいあるが、実際は日本語ガイドさんと同じくらいの身長(150㎝くらい?)だったこと

芭蕉の像の近くに芭蕉金色堂を詠んだ句を刻んだ句碑があり、芭蕉の直筆を刻んだものではないが、270年くらい前の古いものであること

白山神社能舞台は、165年前に伊達藩が以前からあったものを立て直したこと。茅葺の屋根には、宮城県の川の水辺に生えている葦が使われていて、震災のため材料の調達が難しくなってしまったこと。

金色堂の木材は90%以上建設当時の物が使われていること。剥げてしまった装飾品の修理の材料としては、金は金沢、夜光貝は沖縄のものが使われたこと。

 

特に驚いたのは、経蔵のところで聞いたミストの話でした。これは本当にはじめて聞く話で、こんなことがあったなんて!とびっくりでした。有名なお寺でこれを採用しているところも多いようです。

 

お坊さんが世襲で、家族がいると言うことを聞いて、「カトリックは妻帯はダメなのに、なぜOKなのか?」と質問してくる外国人の方がいましたが、そのガイドさんは、「仏教も宗派によって違う。妻帯はダメなところもある。」というと、納得していた様子でした。また、1名だけ日本人の方が参加していて、その方が神社でお参りすると、皆さん興味を持ったようで、マネしてやってみる方々が結構多かったのが面白かったです。実際に色々やってみせることの重要性がわかりました。

 

今回は私の方にも知識が十分あり、語彙も頭に入っていたので、通訳も楽しくできたのですが、日本語ガイドさんの話を聞いて、これほどわかりやすく説明できているだろうかと、ちょっと心配になりました。やはり、常に練習する必要性を感じました。また、まだまだ知らない面白い話がたくさんあるのだということも知ることができて、面白かったです。どんなことでも、たとえ慣れたと思っても、改善の余地はまだまだあるのだということが理解できました

 

 

*英語学習相談

*料金は7月からも3,000円ですが、45分を最低時間とさせていただきます。その後の15分間、合計1時間までは追加料金なしの3,000円で対応いたします。

詳細はこちら をご覧ください。

ツイッター @JunhosoEigo フォローご自由にどうぞ。(フォローしないと内容がわからない方のフォロー返しはしないことにしています)