英語通訳・翻訳・ガイド・講師 Junのブログ

東北を拠点に英語通訳・翻訳・通訳ガイド・英語講師のJunが、英語・教育・手芸などについて発信します。

英語学習はあせらず-自分の学習過程を顧みて-

何度か書いていると思いますが、英語学習であせりは禁物です。私もそうですが、やはりみんな早く上達したいと思うものです。気持ちはとてもよくわかります。でも、語学は特に、中級以降は伸びるのにある程度時間がかかります。

 

以前語学の雑誌で英語学習の伸び方の表を見たのですが、それによると、学習を続けてその学習の成果がでるのは早くても半年、スランプとぶつかると1年~1年半くらいはかかかるようです。そのため、すぐ成果が出ないと「もう才能ない」「やっても無駄」とあきらめてしまう人がいますが、最低半年間は今やっていることを継続してみた方がいいと思います。

 

最近私も、自分自身でそれを実感しました。同時通訳が多少でもできるようになる過程でのことです。やはり通訳をやるからには、同時通訳ができるようになりたいと思っていました。それで、数年前東京にある通訳学校の3日間集中講座に参加しましたが、言葉がほとんど出てきませんでした。多分、そこに参加していた生徒さんの中で、私が一番出来が悪かったと思います。皆さん上手で、「もうやってもダメかも」と思ってしまいました。

 

しかし、2年前から、3ヵ月弱の短期コースなら東京の方の通訳学校に継続して通えるようになり、そこで同通コースではなかったものの、先生の方針で多少同通も勉強をする機会がありました。その頃からまったく言葉がでないということがなくなり、切れ切れになったり遅れたりするものの多少文章や単語が出るようになりました。そして、昨年冬に通った通訳ガイド系の学校の短期のウィスパーコースでは、簡単な内容の日英ウィスパーでごく短い時間なら、なんとか文章が出せるようになり、合格証をいただくことができました。そして、今お世話になっている通訳講座では、まだ問題があるものの、日英で事前に少し準備する機会があれば、ある程度の時間同時通訳で文章が出せるようになりました。英日は問題が多いし、慣れた方に比べるとまだまだですが、それでも、まったく言葉が出なかった数年前、文章や単語が切れ切れだった2年前に比べると、各段の進歩だと思います。

 

時々、「3ヵ月でTOEIC300点上がった!」などという、急激に英語ができるようになったという方の広告や体験談を見ます。ですが、よく読んでみると、そういう方は働く必要がなくその期間中英語漬けになっていられる人だったり、高額な料金を払って毎日コーチングしてくれる方についていたり、TOEICなどの点数が低い頃から継続して自分で勉強していて、実はある程度近い点数を取れるだけの実力がついていたことが多いようです。普通に働きながら、または学校に通いながらでは、短い時間で急に実力を上げるのは、初級から中級くらいの期間を除き、まず無理と言えます。3ヵ月で初級から中級に上げるのは、内容的に簡単なので可能だと思います。

 

ダイエットでも、急激に痩せようとするとリバウンドしてしまったりで、かえって気長に減らしていったときの方が、肥満の状態に戻りにくかったりします。英語も、ある程度長いスパンで徐々に実力が上がると考えて、目標に向けてコツコツ頑張った方が結局は近道ではないかな?と思います。

最近の英語学習

仕事があるときは、仕事の準備が最優先ですが、仕事がない時には、ニュースのシャドーイング、リスニング(編み物など他のことをしながら聞いていることが多いです)、社説や優しい英語の本の音読などをやっています。また、なかなか慣れないメモとりの練習も時々するようにしています。それと、通訳や翻訳などの講座に通っている時は、その講座の予習復習が英語の勉強ということになるし、英語を教える仕事の準備も、自分の勉強になることが多いです。

 

今日からオンラインの通訳講座が始まりました。元々東京にいた頃、通訳者の先生が書いた英語学習の本を読んで通訳の訓練をやってみたところ、とても楽しかったので通訳学校に入学したという経緯があり、通訳訓練は準備等が大変ですが、私にとっては楽しいことの1つです。当時のクラスメイトに「楽しい」というと「えーっ!」と驚かれたりしましたが、自分の通訳の出来はともかく、私にとっては面白いことをやれる場でした。

 

グリンズアカデミーというところで勉強させていただいていて、今日は、アナウンサーが行っているような口を回す練習固い書き言葉を口語化すること、外国人労働者問題のスピーチを受講生の1人が作成し、その日英逐次通訳TEDのスピーチを使った英日同時通訳をやりました。私は同通はまだうまくやる自信がないので、今日は同通はオブザーバーでしたが、近いうちに挑戦したいと思っています。

 

また、今日突然PCがフリーズするというアクシデントがあり、逐次通訳ができませんでした。以前からビデオを長時間使うと時々こういうことが起こっていたので、次回はipad の方を使いたいと思います。これで、パソコンに問題があるのか、回線の問題なのかはっきりすると思います。

 

東京の通訳学校にいた頃の反省点として、ただ単に「通訳訓練が楽しくて好き」ということだけが頭にあったので、「どうしても通訳者になりたい」という強固な意志がなく、「~年以内に同通クラスに進級する」という目標も設定していなかった、ということがあります。今は自分以外に子供の人生もかかっているので、「とにかくやる!数多く練習する!」ことを念頭に置いて、勉強していきたいと思っています。

 

来週仕事が1件入っているので、そちらの方の準備もする必要もありますが、何度かやっている分野の通訳なので、通訳講座の準備にも時間が割けると思います。また次の回が楽しみです。

今年達成したいこと、心掛けたいこと

2019年になりました。書初めをしない代わりに、今年達成したいこと、心掛けたいこと等について書きたいと思います。

 

首都圏に拠点を持つ

ずっと以前から考えていて、金銭的なことや娘のこと等が心にひっかかっていて実行できていませんでした。しかし、最近ホステルに安く連泊できるサービスや、狭いけれど格安という物件を紹介してくれる不動産屋などをネットで発見したり、レンタルのコワーキングスペース等のサービスでいいものが出て来ていることをがわかりました。このようなサービスを利用して、3月~4月上旬頃に何等かの行動をとりたいと思っています。

 

仕事を拡大する

去年から心掛けていたことで、ある程度達成することはできたのですが、今年は新規のエージェントや東京にいた頃お世話になったところに再登録するつもりです。また、特に東北にいることがあまり問題にならないようなサービスをしているところに、登録したいと思っています。また、フリー・派遣を問わず通訳メインで登録するつもりです。

また、今までやっていたのとは別の仕事もしていければと思っています。小学校から大学まで演劇部だったことと、発音がいいと言われることを生かせる日英の本の朗読、ナレーション、よみきかせなどの関連のことができればと思います。絵本の朗読・読み聞かせについては、子供向け英語教室の講師だった頃に教室で日常的に行っていたのと、仕事がまだ地元のみだった頃、小学校で絵本の読み聞かせをしていた経験があります。演劇の経験のおかげで子供にウケがよかったので、また笑ってもらえたら、と思い目標に加えました。

あとはやはり英語の勉強関連のことで、何か毎日勉強する助けになるサービスを作れれば、と考えています。

 

家庭生活を快適にする

うちの子供は今まで茶の間で主に勉強して、私と一緒の部屋で寝ていたのですが、受験が近づいてきたこともあり、個室で快適に勉強できるようにしてあげたいと思っています。また、私も自分の仕事部屋のようなスぺ―スはあるものの、参考資料や本などが増えて、収納スペースが不足している状況になってきました。子供の部屋を今住んでいるところに確保することと、学校も遠いので場合によっては祖父母の家を出て2人で暮らす、または私の事務所兼仕事部屋のようなところを確保することを考えています。

 

体重を減らす(^^;)

4年ほど前秋田からの帰宅時に、秋田駅で新幹線に遅れそうになり、階段をパンプスで駆け下りたところ、あやうく転げ落ちそうになって左足の靭帯を損傷する怪我をしてしまったことがありました。2,3ヵ月松葉づえをついて過ごしたのですが(その間のガイドの仕事はサポーターを付けてなんとか杖なしてやりました)、それ以降しばらく足の調子が悪く、あまり激しく動けなかったため体重が増加しはじめました。2018年春まで翻訳の仕事も結構多く、座りっぱなし状態になったので、それも体重が増える原因となってしまいました。すると、健康診断で特に治療の必要はないものの、妊娠中でさえ普通レベルだった血圧が高血圧気味になり、コレステロール等の数値もちょっと危ないレベルまで増えてしまいました。このまま放置すると病気になってしまうし、ジャケットがきつくなったのを買い替えるのがもったいないので、今年は健康面でも改善を図りたいと思います。

とりあえずの目標としては、「きつくなったジャケットが楽に着られるレベル」を目指したいと思います。

 

趣味を仕事にしてみたい

あくまで本業優先にしたいと思っていますが、趣味の手芸で作ってきた作品を販売することも考えています。元々小学校の頃から編み物や縫物、人形の服作り、ファッション雑誌や洋裁・手芸の雑誌を読むことが大好きでした。そのため、最初に就職した会社は、有名デザイナーが社長のアパレル部門のグループ企業を選んだほどです。服作りの専門職ではなく、秘書や海外部門などで働きましたが、やはり楽しかったのは、事務作業よりショーの手伝いのスパンコールつけ、生地の色見本帳づくり、輸入アクセサリーやバッグのお直しなどの作業でした。趣味の延長線上の細々としたものでもいいので、何かやってみたいと思っています。

 

これらのことが一歩でも前進するよう、今年も楽しんで仕事・勉強をしていきたいと思います。

昨年の反省、新年のご挨拶と今年の抱負

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 

昨年度は皆様にとってどんな年だったでしょうか?私は、仕事・収入の面ではやや不本意な面もありました。ここ数年受けていた1か月以上継続する案件がいくつか延期になったり、入らなくなってしまったことがありました。しかし、自ら進んで、気が進まない仕事には安易に手をださないようにした、ということもあります。具体的には、東南アジア系の旅行エージェントで、対応がいい加減なところとは、仕事をしないようにしました。また、過去2年間翻訳の仕事も結構多くやっていたのですが、実は翻訳は分野によってはあまり気乗りがしないことも多いので、これも新規のところにアプローチしたり、自分から応募するのなどのことはしないようにしました。今年は翻訳についてはどうするか、まだ検討中です。テレビ局の素材翻訳は続けていきたいと思っています。

 

そういうことから、収入の面ではちょっと不本意で、厳しい状況に陥ってしまったのですが、今年は本格的に仕事の拡大を目指したいと思っています。やはり、通訳とガイドを中心として仕事していきたいと思っています。

 

昨年の新年のブログを見返してみて、目標として立てたことで自分だけでなんとかなることは、100%とはいかないまでも、ある程度達成できているかなと思いました。自分以外の人間(特に娘)を巻き込んだことは、まったく達成できませんでした。子供を海外研修に行かせたいと思っていたのですが、金銭面もありますが、何より本人があまり乗り気ではなく、私も「分割払いしてでも行かせたい!」という気にはなれませんでした。こちらは高校に入ってからもう一度くどいてみたいと思ってます。それで、今年は、自分が行動すればなんとかなることのみ目標にしようと思います。

 

不本意な面もあったものの、将来につながるような新たな出会いもありました。起業系のセミナーに2つほど参加しました。もともと通訳翻訳・ガイド以外に講師の仕事もやっていたのですが、今年はそれ以外にも何か収入を上げるような仕事をしたいと思っています。また、昨年度は、オンラインの通訳講座を発見して、そちらで勉強させていただくことができました。おかげでウィスパーがなんとかできるようになりました。今年も同じ講座で勉強を継続する予定です。あと、主に通訳ガイドやMICEのスタッフを派遣する会社に何社か登録しました。その中の1社で、旅程管理主任の資格を(まだペーパーだけですが)取得できました。

 

子供の受験も来年度(2020年)にせまってきたので、少しでも稼げるよう努力したいと思います。また、やはり自分は通訳の仕事と勉強がとても好きなんだということを再認識しましたので、将来的には通訳をメインに活動できるよう持っていきたいとおもっています。明日再度具体的なことを書ければ、と思っています。

地方在住通訳者の希望-リモート通訳-

十数年の東京暮らしの後、岩手に帰ってきて驚いたのが、仕事の少なさでした。地元で手に取った求人情報誌の薄さ加減をみた時の衝撃は、まだ忘れられません。東京で主に社内翻訳者、時々展示会などの通訳として働き、お金がたまると通訳通訳学校に通っていたのですが、社内通訳翻訳の仕事は皆無、勉強する場もありません。仙台にはインタースクールがありましたが、毎週通うだけの収入をこちらの仕事で得るのは難しく、当初は通うことが出来ませんでした(のちに通訳コースではなく、パフォーマンス向上のための短期コースには通うことができました)。今でも状況はあまり変わっていません

 

ただ、最近は技術の進歩によってインターネットの通信状況が格段によくなったので、昨年からインターネット経由の通訳講座に参加して、イギリス在住の通訳者の先生に教えていただいています。翻訳については、もともとあまり場所には関係なしにできる仕事でしたが、クラウド翻訳を提供する翻訳会社が増えて、私は登録していませんが、そのサイトに登録して仕事している方も多いのではないかと思います。ただ、首都圏や関西地区のように、社内翻訳の仕事がたくさんあるかというと、ほぼないに等しいので、在宅翻訳者登録をして仕事が入るのを待つという状況です。

 

通訳も、エージェントの数自体少ないので、東京にいる頃に登録した通訳エージェントから時々秋田青森や地元で仕事が発生した時に仕事をしたり、地元には1つしかない通訳エージェントでこれも時々入る通訳の仕事をして、なんとか細々と通訳の仕事をしています。そのため、ガイドの資格をこちらに戻ってきてから取得し、ガイド業も行い、英語講師の仕事もしてなんとか生計を立てている次第です。

 

このような状況の中、どうしたら通訳の仕事を増やせるかと思った時に、1つの選択肢として頭に浮かんだのが電話通訳でした。しかし、当時電話通訳と言えばここ、という企業のサイトを見てみたら自分にはちょっとハードルが高そうな感じで、それでもダメ元で応募したところ、やはり書類選考で落ちてしまいました。他にも数社見つけたのですが、応募しても返事がなかったり、待機時間は給料が払われず、給料も安すぎるところが多く、応募には至りませんでした。

 

しかし、ここに来て、リモート通訳案件が米国などで増加しているという話しを、米国在住の通訳者の方のブログで読みました。また、派遣の電話通訳の仕事も(もちろん地元にはありませんが)外国人観光客の増加で増えているようです。アメリカやイギリスでは、会議通訳の仕事もリモートで行う案件が増えているようです。もちろん、その場に行って行うのがベストなのではないかと思いますが、経費節減などにもつながるし、技術の進歩でリモートでも大丈夫なくらい、音質などが改善されてきているのでは?と思います。

 

この話を読んだ時、将来に希望の光が差したように感じました。地方在住でも、実力があれば首都圏や通訳の仕事が多い場所で働ける、ということは以前から知っていましたが、一握りの実績がある人だけが呼ばれるのだ、と思っていました。でも、リモートでできるようになれば、私レベルの通訳者や、駆け出しレベルの人でも地方で通訳ができるようになるかもしれません。正直言って、時々「このまま通訳の勉強しても、使いどころがあるんだろうか。首都圏に呼ばれるような通訳者になれるのか。」と不安になったこともありました。しかし、この話を読んでから、「勉強続ければ、仕事も地方にいてもできるようになるかも。」と希望が持てるようになりました。

 

あと、最近では電話通訳に代わって、通訳翻訳アプリを使って、機会翻訳ではなく、人間の翻訳通訳を提供する会社も出てきているようです。その中の1つに登録してみました。待機時間は料金が発生しない仕組みですが、契約企業の案件だと、事前に通訳のオファーがあって、通常の通訳のように準備して待って、リモートで通訳するような案件もあるようです。カセツウのメルマガで紹介されていたOyraaという企業です。興味がある方は登録だけでもしてみては。特に地方でなかなか通訳の仕事がない、と困っている方は、できる限りのことをした方がいいと思います。もしかすると、他にも同様のサービスを行っている企業もあるかもしれません。

毎日少しでも英語に触れる仕組みを作る

英語の実力をつけるには、まずとにかく毎日英語に触れるようにすることが大切です。忙しい時は5分とか10分でもいいので、英語に触れない日がないようにしましょう。もちろん、毎日5分10分だけでは実力が向上しないので、休みの日にまとめて勉強する等の努力もするようにしましょう。

 

でも、この「少しでもいいから毎日やる」というのが結構大変です。なので、何か好きなことややりやすいことを通じて、英語に触れることができるようにしておいた方がいいと思います。私の場合は、洋楽と映画、あとファッションとかクラフトが好きだったのでそれを利用しました。洋楽カラオケに行ったり、家に入る時にはとにかくスカパーやケーブルテレビのニュースやドラマなどを、流しっぱなしにするようにしました。

 

また、海外の英語で書かれたファッション雑誌や日常生活の工夫や海外の料理などを扱ったサイトを見るようにしました。今はだいぶ下火になりましたが、昔一斉を風靡したマーサ・スチュアートの雑誌「Martha Stewart Living」が好きで、雑誌やWebサイトをよく見ていました。あと、海外の料理番組なども女性は楽しくみることができるのでは?と思います。男性だと、スポーツやビジネス、つりなどの趣味のことが書かれたり放送されたりしているのは、英語でも抵抗なく読んだり見たりできるのでは。自分の興味があることを英語でやるのが効果があると思います。

 

簡単なことを楽しく、だけでは現状維持のみになってしまうので、時々難しいことに挑戦したり、英検やTOEICなどの検定試験を受験してモチベーションを上げるようにすることも大事です。このような試験を受けることは、自分の実力を把握することにもつながります。

 

好きなことを英語でやる+やや難しいことに挑戦する、これを心掛けると、英語関連の何かは必ず毎日やることになると思います。私は今は極力毎日シャドーイングか音読をするように心がけています。地方に戻ってきてから、英語に接する量がどうしても減ってしまったので、なんとかその時間数を増やそうと私も努力しているところです。

マコーレー・カルキン復活?!Google のCMに「ホームアローン」の28年後バージョンが!

CBSNewsに、”Macaulay Culkin is "Home Alone" again in new ad" という記事があるのを見つけました。Google Assitant のコマーシャルとして、日本でも大ヒットした映画「ホームアローン」の28年後バージョン(?)が作成されたようです。もちろん広告なので短いですが、以前見た人にとっては懐かしい笑える内容になってるようです。

www.cbsnews.com

記事によると、この映画に関連した広告を作ったのは、去年のクリスマスに「ホームアローン」の検索率が1900%(ほんと?)アップしたから、ということのようです。確かに今見ても面白いし、昔見た世代が、「おれが子供の頃、こんな面白い映画みたんだよ。」みたいな感じで、お子さんなどに話しているのかもしれないですね。短く読みやすい記事だし、動画は以前の映画を見ていれば英語がわからなくても楽しめると思うので、ぜひ読んで、見てみてください。

 

この動画を見て、一時期ガリガリに痩せて見る影もなくなっていたカルキン君(何と呼んでいいのかわかりませんが)が、普通の体形に戻っていてなんだかほっとしました。やっぱり以前のような輝きは失われてはいるものの、これを機に再起できるのでは?という感じもしました。世界で誰も出せないような大ヒット作に主演した、とういうだけでもすごいし、その作品が今でも見続けられているということに誇りをもって、がんばってほしいなと思いました。