英語通訳・翻訳・ガイド・講師 Junのブログ

東北を拠点に英語通訳・翻訳・通訳ガイド・英語講師のJunが、英語・教育・手芸などについて発信します。

盛岡市内の酒蔵(あさ開)に行ってきました。

月曜日、仕事と講座の下見として、酒蔵に行きました。訪ねた先は、盛岡のあさ開酒造

f:id:junEnglish:20180523001721j:image

 

以前仕事や研修で何度か来たことがある所なのですが、こちらは見学への対応が柔軟で、混んでないときは前日予約でもOKなので、今回訪ねることにしました。

f:id:junEnglish:20180523002014j:image

酒蔵の前の門です。杉玉(酒林)が吊るしてありますが、茶色に変わっています。今年の酒はもう飲み頃、ということですね。

 

こちらでは、伝統的製法と、近代的な製法の両方を見学することができます。酒造りは冬に行われるため、実際に行われているわけではないのですが、パネルなども日英で書かれていて、参考になりました。瓶詰め工場の方は稼働中のため見ることができました。

 

工場を出た所には売店があり、そこではお酒の試飲が可能です。実は私はお酒はほとんど飲めなくて、酒の味の良し悪しや違いなどの知識が全くなかったのですが、こちらで試飲してから「日本酒って予想以上に美味しいなあ」と思うようになりました(でも基本的に弱いので、自分から買って飲むことはありませんが)。

 

で、今回はアルコール分ゼロの甘酒を買いました。これも試飲で美味しかったので、時々飲むようになったものです。甘酒もアルコール分が入っているものは美味しく感じられないのですが、これは美味しかったです。

f:id:junEnglish:20180523003341j:image

試飲コーナーに海外の方を何度かお連れしましたが、みなさん喜んでくれました。3種類(大吟醸酒など異なった種類)のお酒の試飲が無料、品評会で賞を取ったような特殊なお酒は300円だったと思います。ちなみに見学も無料です。

 

併設のレストランで食事をして帰ろうと思いましたが、ちょうど定休日でした。残念!そのほか、お酒を使ったお菓子、日本酒ソフトクリーム、その他岩手の名産品なども販売しています。

 

今週ちょっと忙しいですが、何とか乗り切りたいと思います。

 

*英語学習相談はじめました。

詳細はこちらをご覧ください。

ツイッター @JunhosoEigo フォローご自由にどうぞ。(基本フォロー返し)