英語通訳・翻訳・ガイド・講師 Junのブログ

東北を拠点に英語通訳・翻訳・通訳ガイド・英語講師のJunが、英語・教育・手芸などについて発信します。

知識を得るのも仕事も、人とのつながりが大切!

昨日の記事に付け足しのような形になりますが、技能の向上においても、仕事を増やすことでも、自分の営業活動に加えて、人とのつながりがとても大事です。特に、東北のような英語(外国語)ができる人自体が少ないところは、同業者との交流はとても大事ではないかと思います。

 

私が東北でフリーで活動するようになってから、自分も紹介してきましたが、私も同業者の紹介で仕事を得たことが、何度もありました。フリーなので、病気になったり、予定が変わってしまったりしたら、誰も変われるものがいません。でも、同業者がいれば、替わってもらうことができるかもしれません。また、所属のエージェントから、通訳者やガイドが複数必要、などと言われる場合もあります。そういう時に、同じ仕事をしている者同士のつながりがあると、仕事を紹介することができます。特にガイドは、時期によって、かなり大量の人材が必要な場合があるので、会社の方から紹介してほしいとお願いされる場合があったりします。

 

また、全く一人で活動しているよりも、同業者の勉強会などに参加したり、話をする機会を持ったりすると、自分とは違った仕事の仕方とか、その他の仕事や研修会などの情報を得られます。以前、日本在住の外国人のベテランガイドさんが、自分のガイドのやり方を教えてくれたことがあり、自分の仕事にとても役立ちました。また、困ったことがあったら、相談することもできます。

 

通訳翻訳、特に翻訳は、あまり人脈などは関係なさそうに思われますが、意外と大事、という場合があります。こういうつながりをどこで探すかと言うと、主に通訳学校などの技術を教えてくれる学校や研修会、または業界団体などがあります。あと、やはり都道府県にある同業者の会(通訳案内士会など)などで、交流できる同業者と知り合うことができると思います。このような機会があったら、積極的に参加した方がいいと思います。

 

実は今日、会議通訳者協会主催の、同時通訳グランプリというイベントの予選会に参加しました。正直言って、まだちょっとできるようになったくらいなので、予選通過するとは全く思っていなくて、勉強するいい機会になるだろうと思って応募しました。何もないと、通訳の勉強もなかなかできなかったり、時間がないからと言い訳して行わなかったりするのですが、こちらの団体がこういうイベントを主催してくれたので、少しでも勉強したり実践でやってみたりする機会を作ることができました。

 

結果は情けない限り、と自分では思ってますが、でも、以前全く言葉がでなかった頃と比べると、各段の進歩かもしれないので、これからも練習しなくてはと思うことができました。これも、やはり、積極的に団体に参加するなどしたおかげかな、と思いました。このイベントも、私には無理、と最初は参加なんてとんでもないと思いましたが、勉強する機会になるだけでもいいかもしれない、と考えを変えました。

 

人、特に同業者とのつながりを大事にして、お互いに役に立つ存在でありたいと思っています。

 

*英語学習相談はじめました。

詳細はこちらをご覧ください。

ツイッター @JunhosoEigo フォローご自由にどうぞ。(基本フォロー返し)