英語通訳・翻訳・ガイド・講師 Junのブログ

東北を拠点に英語通訳・翻訳・通訳ガイド・英語講師のJunが、英語・教育・手芸などについて発信します。

通訳、翻訳の仕事がしたい、けど経験がない。そういう時にどうするか?

通訳翻訳の学校に行って、一応コースを修了した、またはまだ通学中だけでもある程度のレベルの仕事はできるようになったので、仕事をしてみたい。でも、ほとんどの通訳・翻訳エージェントは、経験のない人を採用してくれません。そういう時、どうしたらいいでしょうか。

 

NPO/NGOなどのボランティアで活動してみる。

国際的に活躍しているNPONGOの中には、語学ボランティアを募集しているところが結構あります。そういうところのボランティアから初めてみると、経歴書に書けるキャリアにつながります。通訳よりも、途上国の支援先の子供への手紙や、報告書などの翻訳の仕事が多いと思います。中には、ボランティアでも薄謝が出る場合もあります。有名なボランティアや国連関連機関、NPO/NGOのウェブサイト、またはJICAが運営するPartnerというサイトにも掲載されていることがあります。

 

・市、県など地域の国際交流団体の語学サポーターに登録する

どこの市町村、都道府県にも、国際交流協会がありますが、たいてい語学サポーター(その自治体によって呼び名は違うと思います)を募集しています。サポーター登録をすると、県や市の国際交流行事、国際会議、姉妹都市交流などで語学要因が必要になった際に、声をかけてもらえたり、メーリングリストなどで通訳・翻訳やその他語学を使うお手伝いの募集が回ってきたりします。表だって募集をしていなくても、問い合わせてみると、たいてい登録OKのことが多いです。私も地元の自治体の国際交流協会に登録して、そこから何度か仕事をいただいています。東京など大都市では、語学ができる人が多いので、それほど頻繁には回ってこないかもしれませんが、地方の小さな都市の方がチャンスが多いかもしれません。

 

・自分のスキルを活かしてお金を稼げるウェブサイトなどに登録して仕事してみる

語学関係の仕事をしてみたい時に、登録しておきたい便利なサイト5つ - 英語通訳・翻訳・ガイド・講師 Junのブログ

最近書いた上の記事にあるようなウェブサイトなどに登録して、仕事をするという手もあります。クラウドソーシングは通訳翻訳の料金は安いですが、すぐにできる仕事などが掲載されている場合もあります。また、ココナラというサイトがありますが、こちらは、自分がワンコイン(基本)で提供できるだけのスキルを提供する、というサイトです(だったと思います)。ワンコイン単位の料金設定で、もちろんそれ以上必要な場合には、それ以上の料金も提供できたと思います。以前何度か仕事につながったこともがあったのですが、ここ2年くらい忙しかったので、こちらはご無沙汰になってました。が、比較的すぐに仕事が見つかり、お金もそれほど悪くなかったと思います。しばらくやってなくて、詳細を忘れてしまったので、詳しくはサイトの方でご確認ください。語学以外のスキルでも、もちろんOKです。最近ハンドメイド品を売れるサービスも始めたようです。

 

・人材派遣会社に登録してみる

パソナ、スタッフサービステンプスタッフなどの人材派遣会社には、あらゆるレベルの語学の仕事があり、語学力のある人は、レベルにあった希望の仕事を紹介してもらえます。私も翻訳の仕事を最初にもらったのは、人材派遣会社からでした。アドミ兼務の仕事などもあると思いますが、最初はそれでもいいのではないかと思います。また、地方でも、語学の仕事はそれほど多くはありませんが、登録しておくと忘れた頃に希望にあった仕事を紹介していただけることがあります。北上工業団地の工場での技術研修の通訳の仕事も、派遣会社経由で、ほんとに忘れたころにお話をいただきました。登録できるところには、全て登録しておいた方がいいと思います。

 

このような、経験のない者でも仕事ができるところで、経験を1-2年積んでみると、経歴書に書けるような経験を積むことができます。その後、通訳翻訳専門のエージェントに登録してみると、いいのではないかと思います。語学のお仕事をしたい方、頑張ってください。私も頑張ります。