英語通訳・翻訳・ガイド・講師 Junのブログ

東北を拠点に英語通訳・翻訳・通訳ガイド・英語講師のJunが、英語・教育・手芸などについて発信します。

成果を焦らない

SNSでも最近よく英語に関する広告を目にします。「1か月でペラペラ」「3ヵ月でネイティブ並みに!」など、ダイエットと同じようにすぐに成果が出るかのような広告を目にしますが、なかなかそういう訳にはいかないのが実情です。「楽して早く成果を出す」という訳にはいかないのが英語と言えます。

 

中には、1か月~3ヵ月で成果を出せた、と言う人もいると思います。しかし、よく話を聞いてみると、収入を得るために働く必要がない方だったり、英語のコーチングに数十万円払ったりした人だったりと、やはり短期間で成果を上げるなりの理由があるようです。それだけかける時間とお金のある人が成果を出しているようです。働きながら、または別の勉強をしながらとなると、なかなか短期間で目覚ましい効果というわけにはいかないと思います。

 

私も短期間で効果が出たのは、他には英語の通信講座の添削のアルバイト以外せずに、週3回午後に通訳学校の通訳翻訳集中コースに通っていた時でした。かなりぎりぎり勉強したので、TOEICも一年で100点上がったし、英検1級の一次にも合格しました。働きながらではこれほど集中して勉強することはできなかったと思います。また、それ以前も半年でTOEICの点数が50点上がったことがありましたが、これについては、もともとそのくらいの実力があったのかもしれない、とも思います。何でも、TOEICの点数はコンディションなどによって+-50点前後の差が出ることがあるのだそうです。何かの本で読みました。初めて受けたりすると、試験慣れしていないので実力以下の成績になることもあり、それで次に受ける時に大幅に上がったりすることがある、ということでした。

 

これも確か通訳翻訳ジャーナルかEnglishジャーナルで読んだのですが、語学は1年か1年半くらい成果がでない時期があって、それからグーっと伸びる時期がしばらく続き、その後また1~1年半くらいのスランプ、という状況を繰り返して伸びるのだそうです。なので、1-2か月やって成果がでないからと言って「もう才能ないからやーめた」となるのは早計です。じっくり続けて行くと、それに伴って成果が出てくるはずです。何事もそうですが、早く成果を出そうと焦らず、じっくり続けていくことで成果を出すことを考えましょう。

 

・英語学習相談 受付しています。45-1時間3000円

 

junenglish.hatenablog.com

 

ツイッター Jun @JunhosoEigo フォローご自由にどうぞ。基本フォロー返ししますが、非公開のもの、コマーシャルばかりのもの、一度もツイートしていないものなどは、フォローしない場合もあります。