英語通訳・翻訳・ガイド・講師 Junのブログ

東北を拠点に英語通訳・翻訳・通訳ガイド・英語講師のJunが、英語・教育・手芸などについて発信します。

アフリカの優等生、ボツワナ-メーガン妃とヘンリー王子の新婚旅行先?-

ヘンリー王子とメーガン妃の新婚旅行先の候補の1つがアフリカのボツワナ、という報道がありました。これを聞いて、ボツワナ?どこ?と思った方々も多かったのではないでしょうか。私もボツワナについては、JICAで仕事を始めるまでは、いったいどこにあるのか、どんな国なのか、ほとんど知りませんでした。

 

アフリカというと、紛争地帯が多く、治安が悪いというイメージがあります。実際そうなのですが、その中でもコンゴ(DRC)付近から下のあたり、ルワンダタンザニアモザンビーク、マラウィ、ザンビア、ジンバブウェ、ボツワナナミビアアンゴラは、今は比較的国内が落ちついていて、大きな内紛などが起こっていない地域になります。南アフリカも大きな国内紛争などは起こっていないし経済的には他国に比べると発展しているのですが、犯罪率が高く治安はとても悪いようです。もちろん、この中の多くの国は、国情は安定しているものの、世界でも最貧国に当たる、と言う国も多くなっています。

 

その中でもボツワナは、経済的にもこの周辺では南アフリカを除くと唯一貧困国から脱した国で、豊かさではマレーシアなどとだいたい同じくらいです。他国と異なって現在このような状況になれた理由として、国の政治が安定していて長いこと紛争や内乱などが発生しなかったことと、ダイヤモンドの鉱脈が発見されたことが挙げられます。衛生状態も他国に比べて良く、教育水準も高いようです。このような状況から、「アフリカの優等生」とも呼ばれています。

 

ボツワナは、経済をダイヤモンドの輸出に依存していて、輸出の70%以上がダイヤモンドです。ダイヤモンドのおかげで、国民は周辺の国々の人々と比較して豊かな生活を送れているようです。JICAの研修員として来日したボツワナ人も、やはり他国の研修員と比較すると、持ち物などが高級で、買い物などもあまり節約をせずに自由に行っていた印象があります。他国の研修員、特に最貧国と言われている国々から来ていたりすると、買い物もほとんど100円ショップやしまむらドン・キホーテ、食べ物はなるべく外食せずに自炊、それも結構節約しながら暮らす、という人が多いのです。でも、ボツワナ出身者は、それほど切り詰めずに、レストランで食事したり、買い物も普通のデパートなどでもできるようでした。

 

そういうことから、アフリカに旅行に行く際にも比較的安心して行ける国、なのではないかと思います。英連邦の1つで、独立後最初のカーマ大統領はイギリス人女性と結婚し、その息子のイアン・カーマが最近まで大統領でした。メーガン妃とヘンリー王子は以前にも訪れたことがあるようですが、このように比較的安全なところ、という理由もあるのかな?と思いました。

 

しかし、やはり問題もあって、その一つがHIVの蔓延です。最近少し落ち着いてきたようですが、それでも感染率が世界で3位の高さとのことです。また、ここ30-40年で貧困国から中程度の経済水準になった国、たとえばモルディブなども、1つのものに大きく依存していることが多いのですが(モルディブの場合は観光)、それではいつかダイヤモンドの鉱脈が尽きた時などに、国が傾いてしまいます。ダイヤモンド一辺倒の経済からの脱却も今後求められるでしょう。

 

あと、比較的治安もいいといっても、やはり日本と比較すると危ないところもあるようです(多分世界のほとんどの国が同じ状況)。ボツワナ人の女性研修員と夜2人で歩いてイベントの会場から帰った時、彼女が「日本ってほんと素晴らしいわね。私の国では夜に女性が1人とか2人で歩いて外出するなんて、考えらないわよ。オーストラリアだったあぶないわよ(オーストラリアの大学院に留学経験のある人でした)。」という話しをしていたのが印象的でした。逆に、私の方が「日本ってそんなに治安いいんだ。」と、あらためて自国の状況がどれだけいいのかを認識させられた次第です。

 

彼女の話では、ボツワナは高い山があまりなく高い木もないので森林も少ない、という話でした。日本の山と緑の風景を見て、自国とまったく違った環境で面白い、と話していました。しかし、野生動物などやはり豊かな自然には恵まれているようです。そういうところに、新婚旅行に行けるのはうらやましい限りです。ちょっと怖い気もするのですが、私もいつかアフリカにはいってみたいと思っています。ボツワナならば、わりと安心して訪ねることができるかもしれません。

 

昨日、初めて有料の学習相談を行いました。主に通訳案内士の試験とその後の仕事に関することでしたが、自分の経験が少しでも役に立ててうれしかったです。資格試験、子供の英語教育などが得意分野です。

 

*英語学習相談はじめました。

詳細はこちらをご覧ください。

ツイッター @JunhosoEigo フォローご自由にどうぞ。(基本フォロー返し)