英語通訳・翻訳・ガイド・講師 Junのブログ

東北を拠点に英語通訳・翻訳・通訳ガイド・英語講師のJunが、英語・教育・手芸などについて発信します。

アメリカや世界の素晴らしいスピーチが、無料で聞けるウェブサイト

子供さんがいる方、お子さんにサイレント・マジョリティってどういう意味?」と質問されたことありませんか?

 

先週、子供が勉強している横に座っていたら、いきなりこのような質問がありました。もともと、ニクソン大統領が言った言葉だとは知っていましたが、なんで子供からこんな質問が出るのかわかりませんでした。すると、けやき坂46の歌のタイトル」だそうです。どういう歌なんだ?と思いましたが、とりあえず「静かな多数派」みたいな感じ、と答えました。あとで、多分もっといい訳があるはず、と思って探してみたら、「声なき大衆」、とか「物言わぬ多数派」などという訳がありました。こういううまい訳がとっさに出てくるようになりたいものです。

 

この言葉の元ネタがニクソンのスピーチと知っていたのは、一時期下記のサイトでいろいろな演説を聞くことに凝りニクソンの別のスピーチ(辞任の演説だったと思います)を聞いた時に、ニクソンについて調べた過程で出てきたからだと思います。もっとアメリカの政治について詳しい方は、こんなことをせずにもすぐに頭に浮かぶ言葉だったかもしれませんが、私はそれまではうろ覚えでした。

 

こちらの、American Rethoric というサイトです。時々、変な広告が出たりすることがあるので、そういう広告が出たら押さないよう注意してください。でも、私にとってはとても面白いサイトです。

 

なんでこのサイトを知ったのか忘れましたが、有名な演説がまとめて掲載されていて、英語の勉強にとても役に立つと思います。音声と英語のトランスクリプションが、ほとんどの演説についています。ここ3年くらい仕事が忙しくて効けなくなってしまっていましたが、この子供の質問のおかげで再度思い出すことができました。古い所では、マッカーサー元帥の「老兵は死なず。ただ消え去るのみ。」という有名な言葉がある演説が、音声付き(音はあまりよくないです)で掲載されています。残念ながら、日本語はありませんが、映画の中の有名なスピーチなども動画付きで掲載されていたりします。以前オンライン講師をしていたころは、こういうスピーチを、生徒さん用の練習教材に使っていました。

 

よく英語教材として販売されている、オバマ大統領の有名な演説も掲載されています。掲載されている演説は、ほとんどがパブリックド・メインのため、掲載しても問題ないものです。英語のリスニングやスピーチの勉強にお役立てください。