英語通訳・翻訳・ガイド・講師 Junのブログ

東北を拠点に英語通訳・翻訳・通訳ガイド・英語講師のJunが、英語・教育・手芸などについて発信します。

耳学問の勧め-断片的な知識の暗記だけでなく、流れで覚えることが重要ー

子供、特に5歳くらいまでの幼児の吸収力はすごくて、色々な知識をうまく教えると、どんどん吸収します。英単語とか、俳句、漢字、和歌、小さい子供で何とか博士、と言われる子供がテレビなどに登場しますが、ほんとによく覚えられると感心します。そこで、「わーうちの子供ってすごい!これからどんどん覚えさえよー。」と考えてしまう親御さんも多いのではないかな?と思います。

ですが、気を付けなくてはいけないのは、このような断片的な知識だけを入れても、前後の関係性だとか、文章を読む力・解釈する力がなければ、本当の学力の伸びは望めないということです。もちろん、ゲーム的に知識を覚えることを進めるのもいいと思いますが、一方で、少し時間があったら子供に本を読んであげること、その断片的な知識から、子供が知的好奇心を広げられるよう持っていくことがもっと重要だと思います。

子供は本を一冊気に入ると、同じ本を何度も読んで読んでと持ってきます。私もかなり何度も同じ本を読まされ、「えー!またー?」と思い、いやになったこともありますが、繰り返し読む(聞く)ことによって、話の流れ、起承転結が頭に入り、それが将来的には考える力につながっていくのではないでしょうか。まさに、耳から繰り返しある一定の流れがある情報を入れることによって、様々なものを学ぶ、ということだと思います。

また、自分自身の体験談ですが、私は国語の古文の勉強はほとんどしたことがありませんでした。文法、語句の決まりなどをさっと勉強し、あとは学校の勉強だけしかやらなかったのですが、なぜかいつも内容が頭に入り、特に勉強しなくても模試など初見のものでも意味がわかり、テストでもいい点が取れました。これは、特に私の頭が古典向きだったとか才能があったとかいうことではなく、3歳から日本舞踊をやっていたので、古文で書かれた長唄とか浄瑠璃とかの歌詞を大量に聞いていて、古文に慣れていた、ということが大きいと思います。

また、お父さんが朝新聞の社説を音読するのを聞かされていたので、論説的な文章に抵抗がなくなった、これまたお父さんが海外で買ってきた英語版ガンダムを見ていたら、英語がわかるようになった、という話しを読んだことがあります。まとまった流れのあるものから断片的な知識も一緒に吸収するできた、という例だと思います。

耳から聞くなどして流れをつかんだ方が記憶に残りやすいと思うようになった、その他の体験談を上げたいと思います。

・真ん中の妹は3つから幼稚園にかけて何年か、レコード(古い)付き絵本を定期購入していた。気に入った本を暗記するほど聞いていた。レコードも気に入ったものは、擦り切れるほど聞いていた。後に小学校に入ってから高校卒業まで、テストはほとんど90点をを下ったことがなく、成績も常にトップクラスだった。特に文系科目が得意で、読書感想文などは県のコンクールなどで何度か入賞した。私の両親も、真ん中の妹だけ飛びぬけて成績がよかった理由は、「あの絵本シリーズがよかったんじゃね(東北弁)?」と言っている。

・英語ガイドの仕事の関係で平泉の歴史について覚えなくてはならなかったが、秀衡、清衡など~衡のつく名前と、貞任、宗任等、任の付く名前が多く、家系図や歴史の参考書的な文章だけ見てるうちは、まったく誰が誰だかわからなかったが、NHK大河ドラマの原作になった岩手の作家・高橋克彦氏が書いた「炎立つ」を読み、面白かったので、ついでにYoutube大河ドラマ(今は削除されたかも)も見てみたら、一発で頭に入った。以降、「~衡」についても混乱しなくなった。(大河ドラマとか歴史小説には、架空の人物が出てきたり、実際になかったエピソードが含まれていたりするので要注意)

・英語を教えていたころ、小学校中学年から中学校2年生まで教えていた子で、お母さんが洋楽マニアで、小さい頃からとにかく洋楽を自然と大量に聞く羽目になった、という子がいた。この子はそれほどぎりぎり勉強している様子はなかったが、英語の発音も成績もよく、特に、英語の勘のようなものがとてもよかった。市内の姉妹都市交流事業の派遣団のメンバーに選ばれ、海外に行ったらしいと後で知った。

 

最近、断片的な知識を幼児にたくさん入れて、それで満足している親御さんが多いように思います。もちろん、断片的な知識の習得も必要ですが、小学校に入ってから、読書やまとまった話を聞かせることと並行してやればいいし、その方が効果が上がると思います。特に、子供が5~6歳くらいまでは、細切れの知識より、15分時間があったら一冊本を読んであげた方がずっと先になってから役に立つ、というのが私の意見です。学問的な裏付けはないのですが、経験からそう思います。このような暗記ものは、小学校に入ってからでも遅くないと思います。

 

お母さん方、忙しいとは思いますが、忙しい中でも時間があったら子供に本を読んであげて欲しいと思います。自分が忙しくてどうしてもだめだったらパソコンで音を流したりCDでもかまいません。それで子供さんとの時間を大事にしてください。